banner

通信制高校の卒業後の期待と不安

通信制高校に在学中、進学・就職・職業については常に不安の方が多かったです。
何と言っても通信制は手に職のある方の在学も多く、もちろんそういう方々は卒業後の進路はそのまま今の仕事の継続です。
私の通っていた通信制高校は、設立当初はそういう方々のための高校だったので、進路指導部、というものが、一応ありながらも形骸化していました。
近年は家庭の事情で普通高校に通えなかった子どもや、私のように、不登校を経て通ってくる、進路未定の子どもも結構増えたそうですが、世間の事情に対して、学校側の体制はそうやすやす変わらないんですよね。
変えようと頑張っている先生方を目にする一方で、旧体制に固執する先生方の姿も見ていました。
そういう校風だったので、通信制を卒業後の進路については不安ばかりでした。
ただそれでも、卒業すれば高校卒業資格を手に入れることができる。
それがあることで、高卒資格がないとそもそも前提条件を満たせない資格などにも挑戦できる、と思えば進路未定であっても卒業したいとは思っていました。
私自身は迷いの中に居ましたが、友人たちの中には通信制高校を卒業後、大学へ行ったり、専門学校へ行ったり、少なくても就職する方もいらして、希望を持って活動する人にとっては、けっして0ではないんだなと思っていました。"

<PREV NEXT >

Copyright(C)2013 通信制高校で変わる All Rights Reserved.